日本に移民300万人受け入れで経済効果20兆円の試算

179レス

タグ: 移民 慶應大学 試算 カナダ 後藤純一教授 経済効果 農業後継者 オーストラリア 移民政策 移民300万人受け入れ 本来移民 それぞれ欲しい人材 秋田県 適性 創出 ビジネス 州毎 犯罪 混乱 視点

1 :名無しさん:2016/08/27(土) 07:24:49 ID:???

移民が持つ独自の視点は斬新なビジネスや地域の新たな価値の創出に繋がるケースもある。

「本来移民とはその国に必要な人材を選択的に受け入れるもの。カナダ、オーストラリアでは正規に受け入れた移民の犯罪を心配する声は全くありません。実際、カナダなどが州毎に異なる移民政策を持つのはそれぞれ欲しい人材が異なるため。現在、秋田県は農業後継者が20%しかいないことが問題になっていますが、農業に適性のある移民だけを徐々に受け入れるなどすれば一般的にイメージされる混乱が生じることはない。慶應大学の後藤純一教授の試算では、移民の経済効果は300万人の移民を受け入れた場合で20兆円に上るともいいます。世界的有名企業の創始者は皆移民1世、2世であることが示唆するように、異なるバックグラウンドの人材を受け入れること自体が社会にとって飛躍のチャンスです」

日本社会の現状打破のためにも、移民受け入れ成功に導く具体的な議論が求められるだろう。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://hbol.jp/105257/3



記事URL:http://alfalfalfa.com/articles/162290.html

コメントする

なまえ:
メール:(省略可)

お問い合わせ・スレッド削除依頼はコチラ