なぜ昔のSF作家は、たかが携帯電話が想像できなかったのか?

131レス

タグ: トランシーバ タイプライター ガミラス 邪魔物 ドメル将軍 腕時計 公衆電話 星新一 銀英伝 ドラえもん 壁掛けテレビ 藤子 インターネット 携帯電話 本国本星 SF作家 腕時計型 映画年宇宙 

1 :名無しさん:2016/03/13(日) 08:21:48 ID:???

1:既にその名前は使われています@\(^o^)/2016/03/12(土) 14:04:08.27ID:HbJmNOT7.net
まあインターネットは無理かもしれんけどさ、携帯なら余裕だろ

昔のSFで固定電話や公衆電話で通信してるのとか見てるとげんなりするわ

銀英伝ですら公衆電話ってのはちょっとな

記事URL:http://alfalfalfa.com/articles/146892.html
2 :名無しさん:2016/03/13(日) 08:22:26 ID:???
それよりドローンが荷物配達してくれるっていまだに信じられんわ
3 :名無しさん:2016/03/13(日) 08:22:41 ID:???
携帯電話そのモノより、誰でもいつでも誰とでも通信できるって世界でのストーリー展開の
想像が難しいんじゃないのだろうか。
4 :名無しさん:2016/03/13(日) 08:23:32 ID:???
腕時計型とかインカム型の携帯通信機ならそこそこ見かけたと思う
5 :名無しさん:2016/03/13(日) 08:28:58 ID:???
士郎正宗はすごいな
80年代にネット社会をあそこまで予言していたとは
6 :名無しさん:2016/03/13(日) 08:29:58 ID:???
携帯電話に類するモノは結構出てたけど
固定電話の衰退は誰も想像してなかった
そんな気がする
7 :名無しさん:2016/03/13(日) 08:34:46 ID:???
今の携帯電話は多機能端末って感じだけど、昔は電話はただの連絡手段だったから常時携帯しておくって発想が無かったんだろうな
8 :名無しさん:2016/03/13(日) 08:35:38 ID:???
>>4
でも通信機とは別にアナログの腕時計してたりする

9 :名無しさん:2016/03/13(日) 08:37:39 ID:???
昔から特定の相手ならアマチュア無線やトランシーバーで通信できた。
携帯端末でやることは、スマホが主流だと会話よりデータ通信の方がメインなんだろうな。
やってることはポケベルの頃と変わらない気がしてきた。
10 :名無しさん:2016/03/13(日) 08:38:07 ID:???
ニュータイプとかは、既に何も持たなくても
相手と話をしているよ
11 :名無しさん:2016/03/13(日) 08:39:37 ID:???
レンズマン
12 :名無しさん:2016/03/13(日) 08:40:09 ID:???
>>5
脳を焼かれる時代はいつ来るのだろうか。
14 :名無しさん:2016/03/13(日) 08:44:50 ID:???
ウルトラセブンみたいなジャリ番で消費されちゃったから、SF作家は使いにくかったんじゃね?
後世で評価されてるセブンもくくりはジャリ番で、
筒井や半村が噛んでたスーパージェッタ?の後発だったんで通信機のの2番煎じ感がダサくもあったから、
それ以降大っぴらに腕時計型通信機の設定は使いにくかった
更にそこからの退化じゃん、携帯電話型って
15 :名無しさん:2016/03/13(日) 08:46:25 ID:???
ひろしくんの妹で吹いたw
16 :名無しさん:2016/03/13(日) 08:46:45 ID:???
スタートレックがもっと先に行ってた
17 :名無しさん:2016/03/13(日) 08:48:39 ID:???
<<37
ジェット機の形 震電やん
18 :名無しさん:2016/03/13(日) 08:50:56 ID:???
携帯電話は不便だからな。
物語の中で行き違いをいつでもどこでも正されちゃあ困るんだよ。
19 :名無しさん:2016/03/13(日) 08:51:39 ID:???
>>5
士郎正宗よりウィリアム・ギブスンのほうがすごくね?
20 :名無しさん:2016/03/13(日) 08:52:49 ID:???
フィクションなんだから、現実社会の延長線上(コスト面含む)
になくて当たり前やんけ それでも普通に携帯は登場してるけどな
21 :名無しさん:2016/03/13(日) 08:56:38 ID:???
今みたいに携帯電話が普及したのも、”予想が難しい”インターネット機能(i-mode等)がついたおかげでしょ。

22 :名無しさん:2016/03/13(日) 09:03:02 ID:???
<<42
イルカな!それ大事な!www
23 :名無しさん:2016/03/13(日) 09:10:19 ID:???
<<21
既に指摘されてるけど、セカンドインパクトがあったからな
24 :名無しさん:2016/03/13(日) 09:11:32 ID:???
>>14
携帯式通信機が登場する作品はいくつかあったが、ほとんどがウルトラ警備隊とか特殊な任務に就いている人だけが持つアイテムだった。
未来技術の象徴ではなく、ヒーローの特権の象徴みたいな扱いだったんだよな。
25 :名無しさん:2016/03/13(日) 09:12:51 ID:???
<<21
あ、そういえば破でスマホになったな
26 :名無しさん:2016/03/13(日) 09:17:57 ID:???
携帯電話だとストーリーが作り難いか、
だとしたら新海誠は有能ってことだね
27 :名無しさん:2016/03/13(日) 09:21:59 ID:???
電波だけに電波ヤロウ扱いされかねなかったからじゃないの?
28 :名無しさん:2016/03/13(日) 09:26:01 ID:???
携帯とかネットが全然出てこないせいでAKIRAって今読むとめちゃ昭和臭がするよね
29 :名無しさん:2016/03/13(日) 09:26:34 ID:???
昔のSFで電話関係だととにかくTV電話出しとけみたいなかんじだったな。
あの2001年宇宙の旅にも出てくるし。
よく考えると相手の顔が見れてもたいしてメリットないのにな。
寝起きのひどい顔だったりしたら相手に見せたくないだろうし。
30 :名無しさん:2016/03/13(日) 09:32:06 ID:???
ある程度現実の延長じゃないと見る側が理解も共感もしてくれないからな
東京タワーではない塔を東京のシンボルとして出しても誰もそこが東京だとは理解しなかっただろう
31 :名無しさん:2016/03/13(日) 09:37:14 ID:???
>>19
攻殻はニューロマンサーのパクリだからなあ

32 :名無しさん:2016/03/13(日) 09:40:57 ID:???
>>18
ああ、ギャルゲーも携帯が無い方が都合がいいもんね
33 :名無しさん:2016/03/13(日) 09:44:29 ID:???
読者が想像できる範囲じゃないと読んでも理解できないからじゃないのか
34 :名無しさん:2016/03/13(日) 09:44:48 ID:???
思いついてもメリットがまったく想像できないからだろうな。
車が空飛んだりテレビが小型化するのはわかりやすいが。

庶民がスパイみたいに他人の情報を盗み取ったり頻繁に連絡したりする意義がないのに
単に楽しみだけで高度な機械を持ち歩くなんて無駄すぎる。

実際、思い付いて登場させてもメインの使い方は出会い形やゲームに課金とか読者に
信じてもらえるだろうか?

35 :名無しさん:2016/03/13(日) 09:48:29 ID:???
これは昔に限ったことじゃないし、自分だってそうなんだけど
携帯電話すら想像できないのに、
立体映像とか空中ディスプレイとか腕時計型通信機とかが
形を変えながらもバンバン出てくるのは、
けっきょく誰かが想像した未来像や未来アイテムに
発想を縛られてしまってるんだろうな。
36 :名無しさん:2016/03/13(日) 09:50:57 ID:???
そもそも「電子計算機」ですら小型化するとは考えられていなかった時代だし
携帯できる電話機に思い至らなかったのも仕方あるまいて
ましてポケットに入るサイズになろうとは
37 :名無しさん:2016/03/13(日) 09:52:35 ID:???
セブン/地球防衛軍〈ビデオシーバー〉(腕時計型TV電話)の1年前には、
マン/科特隊流星バッヂ(ワッペン型無線機)がありました。

スタトレ〈トライコーダー〉は、携帯用小型探知・分析機。
通常科学用と医療用の2種。これらは、電話の代りにはなりません。
同作品内の携帯用連絡器は、〈コミュニケーター〉と呼ばれる別のアイテム。

38 :名無しさん:2016/03/13(日) 09:56:16 ID:???
>>1
銀英伝あたりは今読み直すとツッコミどころ多くて面白い。
39 :名無しさん:2016/03/13(日) 09:57:36 ID:???
携帯関係とPC関係は以上に進歩してSF作者大弱りだよな。
40 :名無しさん:2016/03/13(日) 09:59:15 ID:???
>>1
新しいものを考え出すと「そんなもの必要か?」と最初は疑問に思われるものさ
41 :名無しさん:2016/03/13(日) 10:00:23 ID:???
世界初の携帯電話は、アメリカだって、アメリカは言い張ってるけど
そのアメリカが自称する西暦よりもはるか前の大阪万博で電電公社が出してる。

エヴァンゲリオンですら、携帯電話ないし、テープで音楽聞いてるし。
42 :名無しさん:2016/03/13(日) 10:06:14 ID:???
>>1
そんなものがあったら話が広がらないからでしょうね
例えば危機が迫っててもケータイ一本で解決できたらなんの展開もないしスリリングさもなくなる

43 :名無しさん:2016/03/13(日) 10:07:25 ID:???
10年後は、スマホを耳に当てて話してるのが信じられないだろうけどな。
44 :名無しさん:2016/03/13(日) 10:09:15 ID:???
<<32
それは戦隊ものの特撮の専売特許。
45 :名無しさん:2016/03/13(日) 10:12:01 ID:???
バックトゥザフユーチャーで予想されていた未来も
だいぶ現実と違うよな
46 :名無しさん:2016/03/13(日) 10:12:25 ID:???
>>1
ドラえもんの糸なし糸電話…
47 :名無しさん:2016/03/13(日) 10:12:55 ID:???
そのほかの部分はなにも進歩してないがな
携帯電話を誰も予想しなかったのはそもそも必要なかったから
その反面宇宙旅行や空飛ぶ車なんてなにも実現してない
携帯電話が普及したおかげで四六時中連絡を取らなきゃいけなくなったしむしろ不便になった
人の幸福という観点からはむしろテクノロジーは人を怠慢にはさせても決して真の意味では幸福にはしてくれない
48 :名無しさん:2016/03/13(日) 10:21:44 ID:???
SFでも特撮やアニメなど映像作品では、いくらでも、携帯用連絡器は目立って使われた。
そしてそれらのアイディアは、番組にブレーンとして関わったSF作家らが考案していた。
スーパージェッターや8マンの原案・原作はSF作家だし、
円谷プロは、ウルトラ黎明期の企画段階では多くのSF作家を脚本に加えていたのだ。

そして、彼らSF作家自らの作品はどうかと言うと、これまた未来の描写に於いては、
当然の様に携帯用連絡器は登場する。
その印象が薄いのは、単にかつてのSF小説を読んでないか、忘れてしまってるだけでは?
確かに日本SF開花期である昭和30〜40年代小説が、ほぼ絶版状態である今は、仕方ないかも知れない。
図書館にでも行って、光瀬龍や眉村卓、平井和正作品などを読んでくれ。豊田有恒でもいい。
携帯電話(そういう呼称ではないが)は、当り前に登場しているから。
49 :名無しさん:2016/03/13(日) 10:22:13 ID:???
本当に必要が無いならたとえ発明されても現実社会で広まっていないだろう。
もし思いついていたけど必要ないと判断して登場させなかったとしたら、
それは必要性まで想像できなかっただけなのでは。
逆に、何でもかんでもTV電話な未来像を描く人は、
その必要のなさまで想像できなかったんだと思うよ。
要は想像力の問題。
50 :名無しさん:2016/03/13(日) 10:24:24 ID:???
>>5
星新一の「声の網」呼んだ?
そんな星新一も、VTRの普及だけは想像外だったとエッセイに書いていたりする。
51 :名無しさん:2016/03/13(日) 10:27:33 ID:???
手塚治虫御大の「火の鳥」にカセットテープが出てた時は、フフってなった。
52 :名無しさん:2016/03/13(日) 10:37:52 ID:???
>>14,1023
>携帯式通信機が登場する作品はいくつかあったが、
せやな。
たとえば超有名なスタートレック(1966年〜1969年)とかな。「故レナード・ニモイが折りたたみケータイを使ってるのを見て、つい笑ってしまった」みたいな話はあるそうな。その気持ちは超わかる。

>ほとんどがウルトラ警備隊とか特殊な任務に就いている人だけが持つアイテムだった。
そうそう。あくまで「携帯無線機」であって、「携帯電話」ではないんだよ。軍用無線機なんかの延長にあって、一般家庭の「黒電話」の置き換えではなかった。

携帯無線機がこれほど急激に価格が下がって特に裕福でもない一般家庭に普及して、国によっては固定電話より先に広まるなんてことは想像してなかった。この辺りはコンピュータの普及なんかもそうかな。

もう一つは社会に与える影響が意外に小さく,SF的には興味ない分野だってこともあるかもしれない。軌道エレベータができれば一般庶民が宇宙旅行したり、スペースコロニーができれば宇宙生まれで宇宙育ちの地球を知らない地球人が産まれるかもしれないが、子供の頃からケータイを使ってる「デジタルネイティヴ」と言ったってただの地球人にすぎないもの。待ち合わせ方法が変わったりはしても、SF的には「だから何?」ってな感じだよ。

53 :名無しさん:2016/03/13(日) 10:39:27 ID:???
<<13
とりあえず、今あるものを小型していえばええってことやな。
いずれは人間も
54 :名無しさん:2016/03/13(日) 10:40:53 ID:???
「声の網」はすげえぞ。
近い将来、ネットの発達によって衣食住、生活すべてが電話一本でどうにでもなる世界観なんだけど1985年の作品と知って驚愕した。
今から30年前にこの人はネットの概念があったんだよ。30年も昔にだよ。
55 :名無しさん:2016/03/13(日) 10:43:25 ID:???
なんで未来予想図系ってチューブを来るまで走って地球なのに球状のコロニーに住んでてパッツンパッツンの服着てるイラストばかりなんだろうな。
こぞって真似してたのかな
56 :名無しさん:2016/03/13(日) 11:04:18 ID:???
<<8
それ、電子メール

57 :名無しさん:2016/03/13(日) 11:12:50 ID:???
このアイデア豊富そうな人は、どんな素晴らしい物・アイデアを想像してるのだろうか
58 :名無しさん:2016/03/13(日) 11:17:24 ID:???
>>54
1981年のマイクロチップの魔術師や1984年のニューロマンサーもおすすめだよ
80年代は「ネットワークが発達した近未来社会」を舞台にしたSFが爆発的に増えたよね
59 :名無しさん:2016/03/13(日) 11:21:21 ID:???
>>1
腕時計型レシーバーなど腐るほど出てきてますが。おめーが読んでないだけ。
60 :名無しさん:2016/03/13(日) 11:23:59 ID:???
携帯端末が結局、
服のポケットに出し入れするものに結局落ち着いたのが意外

腕時計タイプ、服につけるバッジ、携帯ヘッドセットみたいなの使ってる未来を想像してた
61 :名無しさん:2016/03/13(日) 11:26:31 ID:???
TV電話みたいに技術的に可能でも実用性はなかったみたいなものはある。ネットも普及はしたが、こんな風にカタカタ文字を打つのが主流で、一昔前のサイバー作品によくあったようなアバターのCGを着てVRサロンにダイブみたいなのはなかなか実現しない(ネトゲがそうなのかもしれないが)。攻殻機動隊もシリーズを重ねるごとに現実に歩み寄っているし。
>>52
>子供の頃からケータイを使ってる「デジタルネイティヴ」と言ったってただの地球人にすぎないもの。
アーサーCクラークの晩年の作品で、脳内にワームホール通信機を埋め込んだ子供達が人工ニュータイプになるとかいう話があったが、既にケータイが普及し始めた頃であまり革新的でもないし説得力もなかったなあ。クラーク先生も歳だと悲しくなった。
62 :名無しさん:2016/03/13(日) 11:28:36 ID:???
トランシーバーのようなものは予測できたけど、
みんがコンピューターを持ち歩き、それが世界と
つながることは予測できなかった。
63 :名無しさん:2016/03/13(日) 11:57:56 ID:???
携帯どころか、テレビラックの出現でテレビから脚がなくなることすら予測できなかったのが人間なんやで

見映えがいいんで今でもアニメやなんかによく出てくるけど、ホログラムのタッチパネルやキーボードって、実際を考えるとどう考えても使いづらいよなw
あれ使って操作をミスらない自信がない
64 :名無しさん:2016/03/13(日) 11:58:30 ID:???
スタートレックなんて、スマホどころかバッジサイズだろ。
トリコーダーは分析機で、通信機はバッジ。
しかも、シリ以上のAI型OSのコンピューターと音声であらゆるやり取りができる。
もはや手に持つような世代をこえてるんだよなー。
65 :名無しさん:2016/03/13(日) 12:08:14 ID:???
昔からあっただろ?
スパイコントとかで靴からアンテナのばして電話になるとか当たり前にあったよ
66 :名無しさん:2016/03/13(日) 12:14:25 ID:???
どこか不便な世界にこそ魅力を感じるのは世界共通よ
何でも出来る便利な未来なんて、早い話が僕の考えた最強の〜と同レベル
67 :名無しさん:2016/03/13(日) 12:23:28 ID:???
インターネット(のようなもの)が独自の知性を持ち始める、って話はマレー・ラインスターの「ジョーという名のロジック」で書かれている(「SFカーニバル」収録)。これって1946年の作品なんだよね。
68 :名無しさん:2016/03/13(日) 12:31:50 ID:???
ある奴には普通にあったと思う。サイバーパンクなんかはその二歩ぐらい先を描いてるし。
ただ予想できなかったのは一般への普及度だろう。

用途と使用者を限定した既存技術として携帯通信機は存在していたから、何らかの専門職がそういう機械を使うというのは想像し易いのかな。

FFSでダグラス・カイエンがスマホのような万能携帯ガジェットを餌に鉱山の子供を釣るシーンとか、騎士という特権階級かつ専門職の持ち物として描かれてたし。
それを誰もが手にすることが社会を変質させるってのが中々出てこなかったみたい。

69 :名無しさん:2016/03/13(日) 12:39:42 ID:???
自分でも何か新しいもの考えてみればわかる
きっと言ってることと同じように
10年後、20年後に「何で思いつかなかったの?」って言われるものが何かあると思う
70 :名無しさん:2016/03/13(日) 12:56:04 ID:???
>>1
時計に電話を組み込むのが主だったような
71 :名無しさん:2016/03/13(日) 13:04:06 ID:???
本スレ23にデマが
フリップタイプの通信機はTVOの時代からある
72 :名無しさん:2016/03/13(日) 13:16:06 ID:???
銀英伝の場合
帝国では、貴族は平民をこきつかうのをよしとするから規制対象
同盟ではインフラ維持能力低下で使い物にならない
とかある
フェザーンではあってもおかしくないけど一応帝国領だしな
73 :名無しさん:2016/03/13(日) 13:43:19 ID:???
むしろ情報・通信インフラの過剰な発達は、単純なトラブルを回避するのに役に立ちすぎるから無い方がストーリーを作りやすいんじゃなかろうか?
まぁ、無線通信だから妨害・傍受を考えればご都合的に使えるんだけどね
74 :名無しさん:2016/03/13(日) 13:49:31 ID:???
アーサー・C・クラークは、衛星を使った通信などを、まだそれが存在しなかった時点で性格に予言していたんじゃなかったかな?

最近は、SF好きという人間に、クラーク読んだことあるかと聞いても『ない』と言う奴がいて驚くばかりだが。

75 :名無しさん:2016/03/13(日) 14:01:21 ID:???
>>42
これ。
携帯電話ってツールは、現実世界のものだけど相当便利で手軽なもんだしな。

76 :名無しさん:2016/03/13(日) 14:29:24 ID:???
<<37
流体力学や揚力、その逆のダウンフォースを理解していなかったから、とことん空気抵抗少ない流線型に固定されたんだよね。
77 :名無しさん:2016/03/13(日) 15:08:48 ID:???
1950年代のレイ・ブラッドベリ 華氏451には海の貝つって常に情報を小型ラジオ耳に付けて
情報を随時受け取る世界を批判的に描いてるだろ、
 自分から発信しないし電話ではないけど情報端末って形では
かなり早い時期の表現。
78 :名無しさん:2016/03/13(日) 15:11:06 ID:???
<<3 >>46
おこのみボックス(四角いものならなんにでもなる箱型のひみつ道具)は
まさにスマホそのものなんだが。
藤子Fなめんな。
79 :名無しさん:2016/03/13(日) 15:12:09 ID:???
>>54
ARPANETが動き出してるのは1970年より前だぞ
80 :名無しさん:2016/03/13(日) 15:26:02 ID:???
<<37
ロボット犬
81 :名無しさん:2016/03/13(日) 15:36:31 ID:???
<<22
コレあるな。あんまり通話で使われない携帯電話って、知らんかったら想像し辛い。
82 :名無しさん:2016/03/13(日) 15:40:21 ID:???
現役の長編漫画はツッコミ所満載やで
83 :名無しさん:2016/03/13(日) 15:40:57 ID:???
<<21
破はガラケーやで
84 :名無しさん:2016/03/13(日) 15:44:58 ID:???
>1063
>スタートレックなんて、スマホどころかバッジサイズだろ。
それはTNG以降。
TOS/ スタートレック(無印)は折りたたみ型。
85 :名無しさん:2016/03/13(日) 15:45:36 ID:???
>>1
だって機械を手に持って耳に当てて話すなんて、全然SFっぽくないし
86 :名無しさん:2016/03/13(日) 16:13:20 ID:???
タブレット端末がもっと普及、進化したら、テレビ電話は当たり前になると思うわ
固定電話での方式が受け入れられなかっただけだよ
87 :名無しさん:2016/03/13(日) 16:26:17 ID:???
<<26
ケント・デリカット懐かしいな
88 :名無しさん:2016/03/13(日) 16:35:26 ID:???
後からケチつけるのは誰でもできるし。わざわざ言うのダサくね?
あと想像し過ぎたものだと周りが「何でもありかよw理解不能!」って目で見てきてハブられるから、ってのもあるよ。
あと数十年したら「平成の後期の日本人って原始人かよ、こんなのも思いつかずに生活してるとかw」って言われるんじゃない?
89 :名無しさん:2016/03/13(日) 16:38:45 ID:???
<<4
むしろ超便利
90 :名無しさん:2016/03/13(日) 16:47:38 ID:???
想像できたかもしれないけど、あくまで創作であって未来予想ではないし、出版されたその当時の読者に世界観が伝わらなきゃフィクションとしてなりたたないけど
もしも現代の人間が過去にタイムスリップして自分の知ってる未来をそのまま物語にして出版するとして、携帯電話が当たり前になった社会での物語を、携帯電話を知らない人たちに伝えることの難しさや、ネットワークを知らない人たちにネットワークで情報を共有できる社会を理解してもらう難しさに直面するだろう
タイムマシンのように話の根幹に携帯電話っていう空想の未来技術を採用して話を作るのなら話は変わってくるけど、そうでないなら余計な解説が増えるだけになってしまうし、連絡がいつでも取れる状態が延々と続いてることを読者に理解してもらわないと土台が不安定になる。
新旧ロボコップを見比べてもわかるけど、データを得るためにパソコンがあるところまで行って情報を得ていたのが、瞬時にその場で膨大な量の指名手配犯の情報と顔を照合して相手を逮捕したりするようになってるが
極端な話、これを説明なしに映像だけで理解できるのはネットワーク社会に生きてる我々だから理解できる描写で、
新ロボコップを旧時代の客に見せたとしたら何がなんだか理解不能だし理解してもらうためには膨大な時間を割いてネットワーク技術の解説をしなければならなくなる
91 :名無しさん:2016/03/13(日) 16:48:25 ID:???
ファルマーの最終定理ですら解けるなんて思ってもいなかったからな。
未来を予想したという点では2001年宇宙の旅は素晴らしい。
92 :名無しさん:2016/03/13(日) 16:58:16 ID:???
デバイスの形が違うだけじゃないか?
携帯型端末を使った通信手段って結構見かける気がする。
93 :名無しさん:2016/03/13(日) 17:37:15 ID:???
つ コロンブスの卵
94 :名無しさん:2016/03/13(日) 17:40:22 ID:???
昔のSFに携帯電話出てなくても当然だよ、基地局がなかったんだから圏外だ
95 :名無しさん:2016/03/13(日) 17:49:46 ID:???
腕時計に仕込んじゃったんだな
96 :名無しさん:2016/03/13(日) 17:51:30 ID:???
タブレット端末は1972年にアラン・ケイが書いた論文中ですでに存在している。
それが今頃やっと実用化されたんだよ。
アラン・ケイ本人は、コンピュータの進化遅すぎと最近のインタビューで発言していたな。
97 :名無しさん:2016/03/13(日) 18:15:47 ID:???
<<8
あんまり覚えてないけどヤマトのデータ出力も紙テープ使ってたような気がする
98 :名無しさん:2016/03/13(日) 18:40:15 ID:???
かなり昔から結構たくさんあったような・・・

むしろ使い古されたありふれた表現として廃れてただけだろ
99 :名無しさん:2016/03/13(日) 18:51:20 ID:???
まあ、今時の映画やドラマでも
電波の圏外、バッテリー切れ、マナーモードで気づかない
盗聴や居場所特定の危険があるから使わない等々
適当な理屈付けて、話の邪魔にならないようにしてるよね
100 :名無しさん:2016/03/13(日) 19:18:30 ID:???
スマホみたいなのは想像するの無理でしょ
家庭用PCすら普及してない時代なのに、その超小型版みたいなのを
娯楽のためにみんなが所持してるとか、斜め上の進化しすぎ
101 :名無しさん:2016/03/13(日) 19:39:20 ID:???
ドラえもんに糸なし電話あったな
しかもアニマル惑星じゃ遠い星から地球にSOSの電話が繋がったから恐らく圏外が無い
102 :名無しさん:2016/03/13(日) 20:43:26 ID:???
はいはいミノフスキー粒子ミノフスキー粒子
103 :名無しさん:2016/03/13(日) 21:04:36 ID:???
固定電話のイメージから逸脱しなかったというのは逆に
どこにいようが常に繋がって呼び出されるなんて冗談じゃないという
デメリットの想像力もあったんじゃないか
物語を作りにくいというのも含めて
104 :名無しさん:2016/03/13(日) 21:10:39 ID:???
>>74
クラーク先生がいまいち忘れられがちなのは、その未来予想が的確すぎ、その内容が実用的すぎて、それらが実現した現在からすると何がすごいのか分からないから、なのかもしれない。

>>91
柳田理科雄みたいなのが出てきて
「この大きさの機械では電波の出力はせいぜいこんぐらいで、それで通信を可能にするためには町中に中継アンテナを設置せねばならず、NTTがそんな設備投資をするとは思えない」とか言いそう。
105 :名無しさん:2016/03/13(日) 21:14:58 ID:???
>>1
大阪万博にあったはず
106 :名無しさん:2016/03/13(日) 21:16:57 ID:???
WiFiの普及もそうだけど、通信端末がこんだけ増えるためには親機が馬鹿みたいに増えないとダメなんだ。
携帯電話の親局をハリネズミみたく町中に乱立させないと成立しない未来なんて、馬鹿らしくて想像できないだろう。
今の無線技術はゴリ押しの産物なんだ。
結果便利になったし技術の帰結だから否定できないけど、過去に夢見た未来としては激しくダサすぎる。
107 :名無しさん:2016/03/13(日) 21:31:03 ID:???
たかが数社が独占するようなバカな社会を人類が選ぶとは
お利口なSF作家は想像できなかった

ドコモとかappleとかの独占も問題だし
Qualcomm一社によろしく商売させていいのかねえ
108 :名無しさん:2016/03/14(月) 00:03:46 ID:???
スタートレックは軌道上〜地上、地下からでも通信できる技術だからすごいと思うけどな
109 :名無しさん:2016/03/14(月) 00:21:03 ID:???
>>1
こいつこれ以降出てこないんだけど逃げたのか?
110 :名無しさん:2016/03/14(月) 00:22:12 ID:???
携帯が普及した頃「俺は常に監視されている生活など送りたくない!」って言って
頑なに携帯を拒否した人が大量発生していたわけで、そもそも
「誰もが常に携帯を持っている状態が便利」という発想がなかったし
読者もそれが便利だなんて受け入れなかった。
111 :名無しさん:2016/03/14(月) 00:38:49 ID:???
>>111
>携帯が普及した頃「俺は常に監視されている生活など送りたくない!」
それってさー。むしろポケベル(ページャー)の普及期の方が顕著じゃね?

ポケベルって普通は自分で持つ物じゃなくて、会社から持たされる物だったよな。(末期にはジョシコーセーのオモチャにもなったけどさ)
しかもなんのためかっていうと、トラブル発生とかで呼び出される人なんだよ。システムトラブルの度に「ぴーぴー」って呼び出されてたら、そんなのもう二度と見たくなくなるだろ?

なれるSE2巻の世界だよ。
112 :名無しさん:2016/03/14(月) 00:39:35 ID:???
>>103
ちなみにガンダムUCの原作だと、ミノフスキー粒子のせいでコロニー内でも大抵の機器は有線化されてるって説明があった。かつては無線もあったんだろうけどね。
113 :名無しさん:2016/03/14(月) 00:46:55 ID:???
壱があまり本も読まなければ映画も見ていない人だと言うのは分かった。

1968年から小松左京が連載していた「継ぐのは誰か」にも『ポケット電話』が出てくるが
似たような例は内外問わずたくさんある。

あなたが知らないだけ。

114 :名無しさん:2016/03/14(月) 00:48:44 ID:???
>>29
>昔のSFで電話関係だととにかくTV電話出しとけみたいなかんじだったな。
アシモフの「はだかの太陽」(The Naked Sun、1956年)でも、ソラリアでは実物と見間違うほど鮮明な立体映像の電話が普及してる設定だったな。地球にも似たようなものはあるが、画像のクオリティが低い。
ソラリアの文化は高性能の立体テレビ電話に依存しているので、それなしには話が成立しない。ソラリア文化のせいもあって、電話「室」が存在し、通話の制御専用ロボットがその制御を行う。(通話機がそこにあるというだけで、通話自体は別の部屋や屋外からも可能。)

メリットといえば…… 若い女性のあられもない姿を眺めることができることかな?
115 :名無しさん:2016/03/14(月) 00:50:34 ID:???
壱があまり本も読まないし映画の類いも見ない人だと言うのは分かった。

1968年から小松左京が連載していた「継ぐのは誰か」には『ポケットフォン』というのが出てくる。
内外問わずこのような例は他にもたくさんある。

あなたが知らないだけ。

116 :名無しさん:2016/03/14(月) 01:57:31 ID:???
無線もトランシーバーもあった。

面白いのは、
SF作家は”手段の高度化”を大いに想像するが、
その普及やコストやそこから派生する社会の変化について、かなり外すところ。

車はまだ宙に浮いてないし、通信は発達したけど誰も在宅ワークになんてなってない。
技術を想像することと、普及や社会を想像することは別なことなんだろう。

そういった意味では、携帯電話やインターネットって技術革新の部分より、
社会や文化や、人間の振る舞いを変えてしまった部分の方がずっと強大だったんじゃないかな。

117 :名無しさん:2016/03/14(月) 02:17:05 ID:???
スタートレックしらんのか
118 :名無しさん:2016/03/14(月) 02:33:51 ID:???
タイトルが、SF作家、で出てくるのが漫画ばかりとはこれいかに?
119 :名無しさん:2016/03/14(月) 09:47:58 ID:???
SFにおける携帯電話はテレパシーなんだよ。SFの発想の方が先に行ってるんだよ。
120 :名無しさん:2016/03/14(月) 11:37:50 ID:???
<<58
くろでんわは
121 :名無しさん:2016/03/14(月) 11:38:30 ID:???
<<58
↑ミス送信しちゃった!
黒電話はいまの回線でも使えるから普通にあり得る光景なんだよなぁ
122 :名無しさん:2016/03/14(月) 12:42:24 ID:???
携帯関係ないけどgoogleストリートビューの登場はかなり未来を先取りした感があった
123 :名無しさん:2016/03/14(月) 13:10:06 ID:???
<<8
2199でも余裕で打電するで
124 :名無しさん:2016/03/14(月) 13:11:45 ID:???
<<21
カセットテープ聞いてた世界のリスペクトやろ
125 :名無しさん:2016/03/14(月) 13:48:46 ID:???
>>1
どうせ20年後の奴らからは携帯と言う言葉を使ってる事すら馬鹿にされるようになる
126 :名無しさん:2016/03/14(月) 13:52:53 ID:???
<<37
コンコルドでやってみて超音速にする費用対効果が大したことなかったというのは残念やね
127 :名無しさん:2016/03/14(月) 14:44:15 ID:???
<<45
クソワロタwwwww
128 :名無しさん:2016/03/14(月) 17:22:34 ID:???
まーた昔の人間Disってんのか
他人見下してもお前の価値あがらんつーの
129 :名無しさん:2016/03/14(月) 20:48:09 ID:???
のびた「ねぇドラえもん、22世紀の福島ってどうなってるの?」
ドラ「まだ除染してるよ」
130 :名無しさん:2016/03/14(月) 23:10:36 ID:???
<<11
これだよな。わざわざ板を持ち歩く面倒な方が現実になるとは思わなかった。
131 :名無しさん:2016/03/15(火) 03:17:04 ID:???
スマホが大きくなったのは動画見たりゲームやる用途が普及したからでしょ
ガラケーでYouTubeとか考えられんかったぞ

コメントする

なまえ:
メール:(省略可)

お問い合わせ・スレッド削除依頼はコチラ